• しんちゃん

糖質制限をしている人の注意点。

厳しい糖質制限を継続している人が、たまに通常量の糖質を摂取するとグルコーススパイクに見舞われるリスクが高くなります。


グルコーススパイク(血糖値スパイク)とは?


急激なダイエットにより脂肪だけでなく、血液中のブドウ糖を筋グリコーゲンとして取り込み筋肉が減少する。

そのため、血液中のブドウ糖が十分に筋肉に取り込まれず、行き場を失ったブドウ糖が血液中に残される。

その結果、血糖値が急上昇しグルコーススパイクが引き起こされる。


グルコーススパイクが引き起こす疾患は、

●脳梗塞

●心筋梗塞

●がん

●認知症

●糖尿病

●網膜症

●動脈硬化が進行していく



また、極端な糖質制限は、血管を傷める動脈硬化を引き起こし、長期になると、脳梗塞や心筋梗塞といった突然死を招く危険因子になります。

みなさん、注意してください!!


13回の閲覧

最新記事

すべて表示

ホントに末期ガンなのだろうか?

最近、不思議に思うことがあります。 「ホントに私は、末期ガンなのだろうか?」・・・と! ガンの摘出手術をするたびに、健康になっている。 筋肉も増量している。 体脂肪は減少し、頭は冴えわたっている。 「どうしてこうなるのだろうか?」 いろいろ考えたら・・・・ もしかしたら、糖質制限をしてから・・・・ 「糖質制限のお陰?」 それしか、思い当たらない! まぁ、理由はさておき・・・・ 肉体も頭も若返ってき