• しんちゃん

糖質を減らすと肥満がなくなる理由

最終更新: 1月9日

人の身体は、糖質制限で生きるように出来ている。


糖質を減らすと肥満がなくなる4つの理由


1.身体に蓄えられた脂肪を使いやすくする。


2.肥満ホルモンであるインスリンの追加分泌は少なくなる。


3.糖新生(※)をする時間が長くなり、よりたくさんのエネルギーが使われて、痩せやすくなる。


4.タンパク質を多く摂取することにより、消化吸収するときに多くのエネルギーが使われる。

  とったカロリーに対してエネルギーを使う割合は、

  糖質は6%、脂質は4%、タンパク質は30%


  「おお、すごいですね!!」

  タンパク質を多くとればとるほど、それを消化吸収するたびに多くのエネルギーが使われるのですね^o^/


(※)糖新生とは、夜間など何も食べない時間が続き、糖質が入って来ないときに  自力で糖エネルギーを生み出す人の身体に備わったシステム。



19回の閲覧

最新記事

すべて表示

ホントに末期ガンなのだろうか?

最近、不思議に思うことがあります。 「ホントに私は、末期ガンなのだろうか?」・・・と! ガンの摘出手術をするたびに、健康になっている。 筋肉も増量している。 体脂肪は減少し、頭は冴えわたっている。 「どうしてこうなるのだろうか?」 いろいろ考えたら・・・・ もしかしたら、糖質制限をしてから・・・・ 「糖質制限のお陰?」 それしか、思い当たらない! まぁ、理由はさておき・・・・ 肉体も頭も若返ってき