• しんちゃん

琉球古武道の紹介です!

最終更新: 2月28日

琉球古武術(りゅうきゅうこぶじゅつ)は、沖縄県古武術の総称である。

空手を含める場合もあるが、一般には主に武器術を指す。

琉球古武道、沖縄古武道、沖縄古武術ともいう。

なお、ほとんどの流派・会派では武器術以外に空手も併伝している。


サイの紹介です!



トンファーの紹介です!



ヌンチャクの紹介です!


ヌンチャク(英:Nunchaku)は、沖縄の琉球古武術などで用いられる武器の一つ。 ブルース・リーのカンフー映画によって世界的に広く知られるようになった。 形状は2本の同じ長さの棒を紐や鎖で連結したもので、本来定寸はないが一般的には棒の長さ25~45cm程度、太さは24mm~36mm程度、連結する紐や鎖の長さ100~180mm前後で全長70~100㎝程度のものが多い。フリースタイルの振り方はロープを手首に掛けて棍を回転させる技が多いのでロープの長さが13cm~15㎝のロングロープヌンチャクを棍頭を握って振る。これに対してショートロープヌンチャクは棍が長めで振り方は根底を握ってX字振りなど豪快な大振りを行う武道ヌンチャクに用いられている。ロープが短いので棍が乱れず安全性がある。振り回して相手を殴打したり、短棒として片手あるいは両手持ちで「受け」「打ち」や「突き」に用いられ、連結部分で相手の腕や棒を絡め取って関節を極めたり投げたり、締める技もある。沖縄でも本部御殿手のように流派によってはヌウチクなどとも呼ばれ、フィリピンではタバクトヨク、中国語では双節棍、両節棍(福建語の発音はnn̄g chiat kùn、ヌンチャックン、ヌンチェークン)、双截棍とも表記される。